2006年10月15日

詩集 愛する歌 第一集

yanase.jpg

やなせ・たかし著 
SANRIO/1991年4月20日 初版/状態:やけ
1000円

アンパンマンで有名なやなせ氏ですが、詩も書いていらっしゃいます。
「詩集といってもぜんぶ曲がついている歌うための歌です。」とあとがきにあるように、「みんなの歌」、「ミュージック・フォー・ユー」などで歌われた歌も収録されています。「てのひらを太陽に」の詩を書いたのも彼だったとは知りませんでした。


posted by chochobocko at 17:35| 売り切れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

アリスの国の不思議なお料理

アリス.JPG
ジョン・フィッシャー著 開高道子訳
新潮文庫/平成3年11月15日第14版/状態:良
350円

アリスが迷いこんだ不思議な世界で出てきた摩訶不思議料理36点のレシピ集。食べると背が伸びる「お食べなさいケーキ」。「気違い帽子屋のドーナツ」や「チェシャー猫のひげ風チーズ棒」もどんな風に仕上がるか気になるところ。訳者は美食家で知られる開高健さんの娘さん、開高道子さん。文章が美味しそうです。
posted by chochobocko at 18:24| 売り切れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャックより愛をこめて

tyakku.jpg
著者:黒柳徹子 ブックデザイン:和田誠
文藝春秋/昭和49年8月30日第4版/状態:良
1000円売り切れ

「チャック」こと黒柳徹子さんのエッセイ集。「アルファベット便り」は『花椿』に、「綴方・ニューヨーク」は『話の特集』に、「ニューヨークの仔猫ちゃん」は『婦人公論』に連載されたもの。
かなりかわいいチャックの写真は満載で、文章は軽快でキュートで読みやすい。和田さんのブックデザインもすてきです。
posted by chochobocko at 17:36| 売り切れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

イメージの文学誌 物食う女

もの喰う.jpg
武田百合子監修
北宋社/昭和53年12月25日第1版/状態:やや焼け
1800円売り切れ

武田百合子が監修した食べ物にまつわる作品のアンソロジー。「水密桃を食べる−抒情篇」「人を喰う−悪夢篇」「石塊を齧る−飢餓篇」「森羅万象を啖う−饗宴篇」の4つの章からなる。西条八十、村山槐多、永井龍男、夢野久作、岡本かの子、金井美恵子などの文章を読むことができる。巻末には「掲載作品初出一覧」があり、新たな読書への案内的役割も果たしている。「近代日本の作品群より、食べることにまつわる不安と喜び、恐怖と快楽を余すところなく捉えきった傑作の数々を選んで一巻に纒めた。」と監修の武田百合子は述べている。「食う」とは美味しいものだけを食べるのではない。「食」を様々な側面から捉えた作品の数々を読める1冊となっている。
posted by chochobocko at 19:20| 売り切れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂々たる人生

どうどうたる.jpg
源氏鶏太 装幀:佐野繁次郎 売切
集英社/昭和36年12月31日第12刷/状態:箱の下部に線状の型あり
800円
posted by chochobocko at 19:16| 売り切れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。